サポート

  • 労働保険(労災保険・雇用保険)

    給付申請まで全面サポート! 組合ならまとめて加入できます!

4月から翌年3月末までの一年単位となるため年度更新の手続きが必要となります。

労災保険

次の給付が受けられます。
  • 治療費と入院費(療養補償給付)
    治るまで窓口での自己負担なし。 ※特別な事例な場合、自己負担が発生することがあります。
  • 仕事を休んだとき(休業補償給付)
    休業4日目から1日につき平均賃金または給付基礎日額の8割が給付されます。
  • 障害が残ったとき
    障害補償年金や障害補償一時金。
  • 死亡事故のとき
    遺族補償年金または遺族補償一時金、葬祭料。

一人親方の人は…一人親方特別加入労災

加入対象者

①人を使わず、人にも使われず仕事をしている人

②人を使っても、年間100日以内と見込まれる人

③家族だけで、仕事をしている人等

一人親方特別加入

給付基礎日額 年間保険料
5,000円 32,850円
8,000円 52,560円
10,000円 65,700円
  • ※年間事務費600円が別途必要です。
     年度途中の場合は、保険料が月割り計算となります。
  • ※この表に記載のない「給付基礎日額」もあります。
     詳しくは、お問い合せください。
  • ※特別加入時に健康診断が必要な場合があります。

労働者の補償は…事業所労災

仕事中のケガはむろん、現場への行き帰り時の事故(自損も含む)、長年の仕事で職業病になったときに補償がされます。事業主は臨時に人を雇う場合でも補償責任があります。

建築事業の場合
常時従業員がいる方・元請工事をする方

元請負金額 事業所労災保険料
200万円 4,370円
500万円 10,925円
1,000万円 21,850円
2,000万円 43,700円

※年間事務費3,000円(ただし、新加入時等は1,000円)

事業主の補償は…中小事業主特別加入労災

中小事業主特別加入(建築事業の場合)

給付基礎日額 年間保険料
4,000円 13,870円
5,000円 17,337円
8,000円 27,740円
10,000円 34,675円
  • ※年度途中の場合は、保険料が月割り計算となります。
  • ※中小事業主特別加入するには、事業所労災に加入する必要があります。
  • ※この表に記載のない「給付基礎日額」もあります。
     詳しくは、お問い合せください。
  • ※特別加入時に健康診断が必要な場合があります。

雇用保険

労働者の福利厚生の充実に繋がります。現場入場時や建設業許可申請時には加入の確認が有り ます。
事業の種類 労働者負担分 事業主 負担分全額
建設の事業(現場従事者等) 4/1000 8/1000 12/1000
  • ※年間事務費(1事業所あたり従業員1名~5名までは1,500円 6名以上は2,000円)が別途必要です。
  • ※平成29年1月1日から65歳以上の雇用者も雇用保険適用の対象となりました。ただし、平成31年度までは保険年度の初日(4月1日)において満64歳以上の被保険者は保険料が全額分免除になります。

労働保険は4 月から翌年3 月末までの一年単位となるため、年度更新の手続きが必要となります

Copyright© 2006-2018 全建総連栃木県建設労働組合. All Rights Reserved.