サポート

  • 建設業退職金共済制度(建退共)

    若いときからの加入がお得です。

掛金および退職金額はおおよそ下記のとおりです

年 数(月数)掛金退職金額
2年(24月)168,000 円162,750円
5年(60月)420,000円436,170円
10年(120月)840,000円1,004,493円
20年(240月)1,680,000円2,392,425円
30年(360月)2,520,000円4,171,608円
40年(480月)3,360,000円6,523,020円
  • ※この表は1ヵ月・22 日として掛けた場合のものです。
     2003 年10 月以降からはじめた人の場合です。(H29.4.1 現在)
  • ※退職金額には50 日分の証紙(補助分)は含まれていません。
  • ※退職金水準の見直しは、数年毎に行われます。
  • ※組合へ事務委託の場合、一人・1ヶ月7,000円(22日分を掛けます)

5つのメリット

  • 一人親方も加入できます
  • 事業主が払い込む掛け金(共済証紙代)は、法人の場合は損金、個人事業の場合は必要経費として全額控除になります。
    又、最初に交付される共済手帳には、国から50日分(15,500円の証紙)の補助があります。
  • 経営審査の評価の際、加点の対象となり有利です。
  • 労働者の雇用・老後の不安をなくします。
  • 支給される退職金には税金がかかりません。
退職金を試算する(建退共のWEBサイトへ)

Copyright© 2006-2018 全建総連栃木県建設労働組合. All Rights Reserved.